ジャックとサリーのだらだら生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 初体験の・・・(サリー)

<<   作成日時 : 2005/12/19 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ブリュッセルからニュルンベルクの飛行機は、直行便があります。
ただし曜日や時間は限られているので、今回、行きはミュンヘン経由。帰りは直行。

ミュンヘンまでの飛行機は、ガラガラでした。が、ミュンヘンからニュルンベルクへの便は、チェックアウトした時点で「ごめんなさい、混んでいるから、席は離れます。」そんなに混んでいるのかー、と思っていたら、要はかなり小型のプロペラ機なのでした。
プロペラ機、初体験。かなりうるさいです・・・。
ちなみにドイツ〜ベルギー間は近いので、ジェット機にしても低空飛行というか、常に地上が見えている高さです。

で、帰り。ニュルンベルクの空港のゲートは、人もまばらでした。
私たちの便の前に、ハンブルク行き、ミュンヘン行きも出ているはずなのに、とにかく人が出て行く気配がまったくなし。そうこうするうちに、「ブリュッセル行き、搭乗開始です」らしき放送が。
これがなんだかやけに控えめな声なので、ドイツ語も英語も聞き取りにくく、これまた誰も動く気配がない。一応、近づいてみると、「どうぞ」と通されました。が、誰もあとに続かない・・・。
バスに乗り込んで「これはひょっとして、私たち、貸切なんじゃ・・・」と言っていたところ、やっとドイツ人の男性2人組が1組。国籍はわからない男性が1人。
そのままバスは動かず、「団体の到着でも遅れてるのかなあ」と夫が言っていたところ、やがてドアが閉まり、バスは動き始めました。「えっ、乗客5人?!」

バスが着いた先には、またもやプロペラ機。「ええっ、ブリュッセルまでプロペラ機?!」
ちなみに小型プロペラ機は、当然のごとく、頭上の荷物入れも狭い。ジェット機では機内持込可のサイズの荷物でも、搭乗時に「預けてください」と言われてしまいます。通常機内持込ギリギリサイズのキャスターつきバッグを1つずつ持った私たちは(1泊ですから、もちろん行きはガラガラ。帰りに買い物で膨れる)行きにはコンテナに入れさせられました。
ですが、今回は「そのまま持って入ってください」と。
壊れ物も買ったので持ち込み可にほっとして、席につき、荷物入れに入れようとしたけど、やっぱり狭くて入らない。「前の席の下に・・・」と私が言っていたら、乗務員のお姉さん、「どこの席の下に入れてもいいわよお、もう誰もこないから、ハハハ!」と。

ええ、5人で飛んだんです。
一応、国際線。

ついでに機体が故障し、(夜間飛行用のランプがつかない、というだけで、エンジンとかではなかったんですが)それから直している間に雪が積もったのを除雪し・・・で、一時間遅れ。
でもおかげで、通常は出ない時間に飲み物とか、お菓子とか、せっせと出してくれましたけど。
乗客5人だから、まあ行き届きますよね。
実際の飛行時間は1時間半程度。近い近い!
疲れずに旅行を楽しめて、本当にうれしいです。
プロペラ、うるさいけど。

しかし初体験のプロペラ機、5人乗りとは・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!サリーさんご来訪ありがとうございました。ジャックさんはじめまして。
私もプロペラ機1回だけ乗った事あります。マイアミ〜ナッソー間でした。確かにええっ?て思いますよね〜。こちらは人は多かったですが・・・。
Greywood789
2005/12/20 00:40
Greywoodさん、いらっしゃいませ。これからもごひいきに(笑)
空港の外れまで運ばれた挙句にプロペラ機の前でおろされるときの気持ちは、びみょーですねえ。ところでフランス語で「離陸」はdecollage、といいます。この単語を知ったのはSEEDです。アスラン君というのが、「Asran Zara,decoller!」(活用形不明)のようなことを言って発進するので、辞書で単語を調べました。おかげで機内で「離陸の際は・・・」の放送が入った瞬間にTMレボリューションの主題歌が頭の中に流れ出して、眠れませんでした。アホです。ちなみに日本ではZZまで観ていた世代です。日本にいたら絶対にSEEDは観ていなかったと思います。海外移住がいけないのだよ。
サリー
2005/12/21 06:39
コメント文末でパロやってるし…(笑)。

ドイツとベルギーなんか似たり寄ったりなんじゃ? と疎く遠い日本で思っておりましたが、やっぱり違うんかねえ。楽しかったようで何より。
数日前に、NHKのニュース内の海外レポートでドイツのどっかのクリスマス市やってましたよん。すごい観光収入になるからって、他の都市もぞくぞく見習ってるんだとか。むー、気持ちはわかるがあまり俗にならんでほしいですね…(これぞ観光客の我侭か)。
ではメリークリスマス!(<先に言っておく)
すげ.
2005/12/21 08:10
おぉすげちゃん、メリークリスマスぅ!
うーん、ほんと、勝手だけど、正直、ドイツもだんだんあらぬ方向に行ってるのかも?とは思いますよ。それはやだな。広場そのものやら雰囲気で、とても盛り上がれたものの、「よくわかんない屋台が出てる」ところなんか、ベルギーだけじゃなくてドイツも同じになってるかも。でもって街は大儲けでしょうが、屋台自体はあまり儲かってなさそうだけどね(笑)
「話のわかりそうな人にすぐネタを振る」のはやめようと思いつつ・・・。ちなみにGreywoodさんは私もまだ直接お会いしていない、お友達のお友達、かつ男性なので、粗相のないように(?)しないと・・・。パリでのしょーもない私のことは、次の日記を読んでください。「へー」と見たのは高河氏画集。(あの人ももういい年だと思うけど、年々ギャル化してるよね、なんだか。)あと一歩で買いそうになったのは、波津様♪の画集です。それから「ちょびッつのッの字」という本で「えっ?」がいろいろ・・・。
サリー
2005/12/21 21:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
初体験の・・・(サリー) ジャックとサリーのだらだら生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる