ジャックとサリーのだらだら生活

アクセスカウンタ

zoom RSS ブルッヘのホテル(サリー)

<<   作成日時 : 2005/10/26 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これから暮らす国ですから、ベルギーのガイドブックは沢山持ってきました。4.5冊かな。で、不思議なのがこのブルッヘ。紹介されているホテルやレストランが、どれもバラバラ!ブリュッセルなら、何冊もでダブって紹介されているホテルやレストランが多いのに、ブルッヘはなぜかみんな違うのです。どこでも出ているのは唯一の3ッ星レストラン、「デ・カルメリート」くらいなもの。おかげで小さな町なのにホテルが多いことは分かりましたが。
我が家はお金持ちではないし、遊びに行って緊張するのは嫌いなこともあり、ホテルもレストランも「そこそこ」を選ぶことにしました。

泊まったホテルは「プレミア・ホテル・ナバラ」といいます。18世紀から営業していて、マナーハウスだったところ、ということです。私たちは、いい部屋なのかそうじゃないのか分かりませんが、離れに入れられました。本館ロビーなどは小さいながら優雅なのですが、お部屋はとてもシンプル。ビジネスホテルっぽいとも言えました。でも清潔で、ドアを閉めると意外なくらい静かで、居心地よかったです。ただし、こちらは水質が悪いせいか、お風呂のお掃除の程度に問題あり!主婦の私は、お酢やハイター使って掃除しなさいよー、と思ってしまうのでした。思えばベルギーのホテルに泊まるのは初めてだけど、中級レベルだとどこでもお風呂ってイマイチなのかしら???
でもとにかく、従業員が笑顔を絶やさず気持ちがいいし、朝ごはんのお部屋(試さなかったけどレストランらしい。どういうお料理を出すんだろう?)も美しく、くつろげてよかったです。

そうそう、このホテルでおかしかったのが。部屋のサイドテーブルの上に灰皿が載っていたんですけど、その前にラミネートされた紙がおいてあって、そこにこう書いてありました。「This is a non smoking room. Thank you for not smoking」・・・わけわからん・・・なぜ、灰皿?あとで気がついたんですけど、ドアにも禁煙ルームマークが貼ってありました。タバコを吸う人は、部屋についてほっとして、目の前に灰皿あったら吸おうとすると思うんですよ。そしたらこの注意書きが目に入る。嫌がらせ???まあそもそも、喫煙者は禁煙ルームを取らないでしょうけどね。

小さい街なので、ホテルも大体、どこでも観光に便利。いろいろ試す価値あり、だと思います。私も次は違うところにも泊まってみたいなー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブルッヘのホテル(サリー) ジャックとサリーのだらだら生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる